ノンエーの口コミは本当? ニキビに効き目はある?

老若男女を問わず、1日1度は行っている洗顔——。実はスキンケアにおいても大事なステップなんです。そのことが意識されたのか、近年は「泡洗顔」の商品が注目を集めています。中でも「ノンエー石鹸」はニキビ予防に効き目があるということで大人気に。では、なぜ普通の泡洗顔とノンエー石鹸ではニキビへの効果に違いがあるのでしょう? その詳細と口コミ検証の結果を紹介してみます。

ノンエー石鹸に期待できる効果を口コミから探ると……

ノンエー石鹸に対する良い口コミの内容

・肌の色がグッと明るくなった
・ニキビの治療ができた
・ニキビが生じにくくなった
・化粧のノリが改善された
・クリーミーな泡が快感
・持ちがいいのでお得感がある

この他、「洗い上がりにツッパリ感がなく、マイルド」という意見も目立ちました。あと、「ニキビには悩んでいなかったが、家族が使っていたので試してみたら、肌の状態が良くなった」という感想も。——全体に効果を実感したという評価が多いようです。

ノンエー石鹸に対する悪い口コミの内容

・洗い上がりがゴワゴワし、ツッパリ感がひどい
・痒くなった
・ニキビの状態が悪くなった
・価格が安いとはいえない
・通販での注文が面倒

悪い感想を書いている方には、ニキビがかなり悪化していたり、ノンエーをうまく泡立てられなかった人が多いように思えます。泡をうまく作れない場合、洗顔する際に強くこすってしまうことがあるので、かえって肌に刺激を与えたり、負担がかかっている可能性があります。敏感な肌の人にニキビができ、そういう摩擦などが加わると、ニキビの状態も当然悪化してゆくわけです。

また「ニキビ対策はノンエー石鹸だけで大丈夫」と早合点してしまった人も、「効果が上がらない」と言って、悪い口コミを書き込んでしまうようです。もちろん、ちゃんとした洗顔はニキビ治療の大切なステップのひとつですが、それだけではダメです。顔を洗った後、スキンケアも気をつけていないと、ニキビの解消にはなりません。総合的なケアが治療への近道なのです。その一環としてノンエー石鹸を使えば、その良さを実感できるはずです。

気になる方は石鹸との相性をチェックしてみましょう

簡単にクリーミーな泡立ちが可能な泡立てネットも、初回限定のプレゼントとなっています。初回にはその他にお試し用12gもサービス。万が一、肌との相性が悪い人には、全額返金を保証された上での返品が可能です(本品未開封の場合に限ります)。興味のある方は、どうぞ気軽にノンエー石鹸との相性をチェックして下さい。

洗顔にはなぜ石鹸がオススメなのか?

石鹸と合成洗顔料 どちらがいい?

洗顔料を選ぶとき、その基準となるのは一体何でしょう?
石鹸? 合成洗顔料? この両方のうちからの選択となるでしょうが、どちらが良いか考えてみましょう。

石鹸の特徴とメリット・デメリット

石鹸は、弱アルカリ性。肌は弱酸性ですから、石鹸を使うと肌の質に合わす、良くない、という説もあります。でも実は皮膚にはアルカリを中和してしまう能力が備わっていて、その点は問題がないのです。むしろ弱アルカリ性の場合、余計な角質を体外へ排出し、新しい細胞が再生しやすい環境を生み出してくれるので、肌のターンオーバーが促されるという長所があります。

石鹸は脂肪酸で作られていますが、これは皮脂と同じ。そのため肌へ浸透することがなく、刺激のある洗浄成分が皮膚の内部に残留しないのだそうです。

合成洗顔料の特徴とメリット・デメリット

一方、合成洗顔料には合成界面活性剤が含まれていて、浸透作用のせいで皮膚の内部に悪い成分が染み込み、かぶれなどのトラブルが発生しやすいというデメリットがあります。これに対処するため、最近ではかぶれを防ぐ配合成分の製品も多くなってきました。肌の状態にもよりますが、弱酸性のもので肌への刺激をなるべく避けた方が良い場合もあります。

ただ、弱酸性だと刺激は少ないのですが、その分、汚れなどを取り除く働きは石鹸に比べ弱くなるため、肌のターンオーバーを促す力は劣ってしまいます。

結局どっちがいいの?

ニキビを治療したいと思っているなら、肌のターンオーバーが大事な役割を果たしますので、石鹸タイプの方がオススメ。ニキビに特化して開発された石鹸・ノンエーは、特にピッタリです。
石鹸は水気を嫌います。湿気の多い場所に置いておくと、ふやけたり、とけたりするので気をつけて下さい。また、すすぎ残しがあると肌にトラブルが生じる可能性があるため、丁寧に洗い流すようにしましょう。

洗顔でニキビケアをしましょう

ニキビの原因は毛穴につまった汚れ

ニキビの原因となるのは、毛穴につまった汚れです。それを取り除く洗顔が、ニキビ防止の大事なステップになるということは、お分かり頂けたと思います。ただ、洗顔だけでは不十分です。トータルなケアをしてこそ、ニキビの治療・予防に効果が上がります。毛穴がつまるのは、ほこりなどの汚れ、皮脂の過剰分泌が原因ですが、特に皮脂の過剰分泌は洗顔した後のスキンケアにも深い関わりを持ちます。

ニキビケアには保湿が重要

間違った洗顔方法によって過剰に皮脂を取り除いたり、洗顔後の保湿が足りなかったりすると、人間の皮膚は皮脂の分泌を増やし、乾燥を防止しようとします。その皮脂が毛穴のつまりとなり、ひいてはニキビにつながるわけです。したがってニキビをケアするなら、洗顔ばかりではなく、その後の保湿にも十分に注意を払う必要があります。ノンエー石鹸を使って的確な泡洗顔を行った後も、キチンとした保湿のステップを怠ってはいけません。

どうやって洗顔石鹸を選べばいいのか?

知名度のある商品を選ぶ

どのケア用品を選ぼうか迷った場合は、知名度が高く、販売実績もあるものにしておけば、まず間違いはないでしょう。そういう製品なら一定以上の信頼性があるはずです。

自分の肌に合うかきちんとチェックする

1,000人が購入してその1,000人全員が絶賛する商品など、宣伝でもない限りあり得ません。
ただ、粗悪な製品に騙されないためには、名前が浸透し、多くの人が買ったものを買った上で、自分に合うかどうか使ってみるしかないのです。

合うと分かったら、その製品を正しく使い続け、ニキビ発生の原因をケアしてゆくことが大事です。ニキビを治すためには、良いケア用品を選択するだけでなく、使いこなすことも必要となります。

ノンエー石鹸の口コミと効き目 まとめ

ニキビの治療は洗顔だけではダメです。肌トラブルのなかでもトータル的な肌ケアが必要とされます(炎症などの状態が手に負えず、自分ひとりの手当では改善しない場合、医師と相談する必要もあるでしょう)。洗顔から保湿まで、ステップごとの丁寧なケアが改善のためには欠かせませんが、肌の状態ばかりでなく、ニキビが発生しにくい健康的な生活を心がける事も大事です。

食事・睡眠・運動でニキビを予防する

肉類などの脂っこい物ばかりを摂取する食生活や、睡眠の不足、ストレスを溜め込む事はホルモンバランスを悪くするため、ニキビができやすい体質になってしまいます。思春期をすぎてからできる大人ニキビは、一旦発症すると治療もなかなか難しくなるため、特に注意が必要となります。予防のためには、普段から上記のようなことを避け、食事・睡眠・運動に配慮してゆくことが重要となります。

洗顔にもこだわりましょう

化粧品・美容用品などの成分には気を使うのに、洗顔そのものはおざなりで、「とりあえず洗っとけばいい」と思っていないでしょうか? 洗顔はスキンケアに欠かせない大事なステップです。肌を大切にするためにも、ちょっとこだわってみてはどうでしょう。

「顔は適当に洗えばいい」と思って洗顔をなめていたら、あとで後悔するかもしれません。その甘い考えが老化の速度を早めていた、ということもありうるのです。

更新日:

Copyright© 本当に効いた!ノンエー(Non A)の口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.